日本経済新聞 平成12年12月27日

貸しサーバー事業を強化---高速通信方式を導入
http://www.drive.ne.jp/
 シーポイントは「ATM(非同期転送モード)」と呼ばれる通信方式を導入し、 通信速度を従来の2倍に引き上げ、顧客企業の利便性を高めた。ATMは文字や音声、 画像など様々な情報を一定の情報単位(セル)に分割して送る通信方式。より高速にデータのやり取りが可能となり、 ネット事業者は顧客満足度を高められる。地方ベンチャーのATM導入は珍しいという。 また、浜松商工会議所と協力し、顧客開拓に力を入れる。 サーバーの貸出契約数を来年三月には現在の十倍にあたる千件に増やす計画だ。