TOP > メディア掲載記事 >日本経済新聞 9月17日号 H19.09.17

メディア掲載記事

はまぞうが日経地域情報化大賞部門賞受賞

記事サムネイル

日本経済新聞社は「日経地域情報化大賞2007」を選定した。情報通信技術を利用して地域活性化に先進的に取り組んでいる事例を表彰するもので、今年で5回目。94件の応募があり、大賞にはオープンソースソフトウエア(OSS)の拠点づくりを進める島根県松江市の「Ruby City MATSUEプロジェクト」が選ばれた。日経地域情報化大賞は日本経済新聞社と地域活性化センター、インターネット協会が主催、情報化リーダーの交流組織のCANフォーラムが協力しており、今年は新潟県が共催自治体となっている。審査委員会(委員長・國領二郎慶応義塾大学教授)が大賞、日本経済新聞賞、新潟県知事賞など計10件を選んだ。表彰式は11月2日に新潟市で開く。

CANフォーラム賞
浜松地域ブログポータル「はまぞう」(浜松市シーポイント)

地元のIT企業が運営している地域ポータルサイト。ブログを集積したCGM(消費者作成型メディア)で、ブログ数は3800に上り、月間のページビューは1200万に達する。この情報発信で、美容室、和菓子店など地元の店が市外からも注目されるようになった例が数多い。

浜松発の静岡情報サイト「はまぞう (HamaZo)」地域ブログポータル!

このページの先頭にもどる