TOP > メディア掲載記事 > 日本経済新聞 H18.10.20

メディア掲載記事

新JIS対応 Pマーク取得支援 シーポイントがコンサル

記事サムネイル

ソフトウェア開発などを手掛けるシーポイント(静岡県浜松市、野澤浩樹社長)は12月から新しい日本工業規格(JIS)に対応したプライバシーマーク(Pマーク)取得のためのコンサルティングサービスを始める。11月20日から個人情報保護に関するJIS規格が変更されるのに合わせ、内容を見直した。12月中に静岡市と浜松市で講習会を開く。

シーポイントは今年から中小企業向けに集合研修型のPマーク取得コンサルティングを開始、すでに40社以上に指導した。昨年4月に施工された個人情報保護法の内容に合わせて、Pマークの認定基準のJIS規格が変更され、11月からは新しい規格での審査となる。

新基準はPマーク取得後の情報保護の体制の見直しや検証を重視する内容。Pマークは2年ごとに再審査を受ける仕組みになっており、運用管理に不満があると再審査が通らない可能性もある。

新しい研修内容では体制の点検などの方法を重点的に指導する。研修期間は従来と同じ約3ヶ月で、費用は50万円程度。

このページの先頭にもどる