TOP > メディア掲載記事 > 中日新聞 H18.10.20

メディア掲載記事

プライバシーマーク 新基準での取得支援 12月からシーポイントが講座

記事サムネイル

ホームページ制作などを手掛けるシーポイント(静岡県浜松市富塚町)は、個人情報保護体制を整備した事業者などに付与される「プライバシー(P)マーク」取得について、今年5月の規格改正に対応したコンサルティング業務に乗り出す。浜松、静岡両市で12月から中小企業を対象に低料金、短期間の講座を開催する。

Pマークはここ1,2年で取得事業者が急増しているが、認定準拠基準が7年ぶりに全面改正され、11月20日からは新基準での審議が求められる。新基準の内容はまだ周知が進んでおらず、県内で初めて支援業務に取り組むことで、潜在的な需要を取り込む。

新基準はシステム構築後の点検、運用確認の整備面などが厳格化され、旧基準で取得済みの事業者も継続申請の際に対応が必要になる。同社は2004年末から取得支援業務を始めて40社以上の実績があり、07年末までに県内で計100社の支援確保を目指す。

今回の講座「新JIS対応らくらくPマーク」は12月から07年2月まで。全体講座を5回、個別コンサルを2回実施する。浜松は本社で、静岡は葵区紺屋町のSOHOしずおかで開催する。定員は6社(1社2人まで)。通常の取得には半年から1年程度かかるのを約3ヶ月に短縮。一般的に200万円以上の料金は、52万5千円に抑えた。受け付け締め切りは11月22日。

このページの先頭にもどる