TOP > メディア掲載記事 > 静岡新聞 H18.2.12.

メディア掲載記事

ネット通販でヘアケア独自ブランド商品好調

記事サムネイル

浜松市内の美容室が開発し、プライベートブランド(PB)でインターネットを通じて販売するヘアケア商品がファンを広げている。2004年8月の販売から徐々に販売数量を伸ばし、2005年12月には累計5,000本を突破した。ネット通販関係者は「地方の美容室PB商品としては珍しい成功例では」と話している。

ネットで人気を集めているのは、同市布橋の美容室「パール&パステル」のPB商品「ルナ」シリーズ。理容師と美容師、さらに毛髪診断士の資格も持つ野澤健次代表(52)が、髪質やヘアケアに関する顧客の悩みを基にシャンプー、トリートメントなどをPB「ルナ」シリーズとして独自に開発した。

ラインナップは、シャンプーと3種類のトリートメントの計4品目。大手ネット通販モール「楽天市場」のランキング10位以内に入ることも。3月には新商品の投入を予定している。

同社のネット通販戦略を助言するIT系ベンチャー企業シーポイント(浜松市)は、「こだわりぬいた商品の力と、ネットの情報発信の相乗効果の好例」と指摘する。商品は傷んだ髪をケアすることを徹底的に追求した。同時に、ネットの掲示板でヘアケアに関する相談にこまめに対応したことが奏功したようだ。

野澤代表は「ネットでも店舗と同じような信頼関係を築き、自分のこだわりをお客さんに届け続けたい」と話している。

このページの先頭にもどる