TOP > メディア掲載記事 > 日本経済新聞 H24.12.29

メディア掲載記事

価格抑えた電子看板

シーポイント ビル入居店用3種

IT(情報技術)関連サービスのシーポイント(浜松市)はテナントビル向けの電子看板の品ぞろえを拡充した。これまでは屋外への設置を想定した端末のみだったが、一般的な22〜46インチの3機種を用意した。端末価格も約55万円から約75万円と導入しやすくした。クーポン券などの発券システムなども別途設置できる。

従来機種は耐久性を重視した頑丈なシステム。高額になるため、中小規模のビルオーナーからはコスト負担が重いとの声が出ていたという。導入しやすい価格帯の端末を用意することで、年間100カ所の導入目標の達成を目指す。導入には端末のほか、専用ソフトの月額利用料などが必要となる。

電子看板を採用しているテナントビルは全国でもごく一部に限られるという。

一方で、電子看板を通じてビル入居店舗の特徴や空席情報を随時流すことができるので、集客効果が高いとされる。シーポイントは入居率向上を目指すビルオーナーを対象にしたセミナーを全国規模で展開し、需要開拓を急ぐ。

このページの先頭にもどる