TOP > メディア掲載記事 > 静岡新聞 H23.11.12

メディア掲載記事

浜松の中心街に電子案内板

県西部の地域ブログポータルサイト「はまぞう」を運営する「シーポイント」(浜松市中区)が、同市中心街の有楽街に飲食店情報やクーポン券をプリントアウトできるデジタルサイネージ(電子案内板)の「テテル」を設置し、12日午後6時半から運用を開始する。

テテルは有楽街の間渕ビル前に設け、周辺80店舗のメニューや地図などの情報を掲載。利用者は画面を操作し、好みの店の情報を閲覧。その場でプリントアウトしたレシート型のクーポンを店に持って行けば、「10%割引」など各店独自のサービスを受けられる。シンプルな操作性が特徴で、店側にはタイムリーに情報を切り替えられるメリットがあるという。

テテルには、タッチパネル式で46インチサイズの画面4台が設置され、3人まで同時に利用できる。残り1台は市内のイベント情報などを掲載する。同社によると、レシート型のクーポンをプリントできる仕組みは全国でも珍しいという。

同社と連携する浜松まちなかにぎわい協議会が、掲載店舗を募集している。来年2月末までは掲載無料で、3月から有料化する。12日午後5時半から、テテル前で点灯式を行う。

同社の担当者は「中心市街の各店が集客に苦戦する中、ITを使って活性化したい。今後は中心街の別の場所にも設置していきたい」としている。

このページの先頭にもどる